冬支度

寒くなりましたね。

ついこの間、晴れ渡る空のもと、梅の仕込みやきのこ狩りを楽しんだりと、

秋の恵みを満喫したばかりだというのに

急に冷え込んだと思ったら、一夜にして雪景色に変わってしまいました。

冬の到来は、必ずくるとわかってはいても

本音を言えばもう少しだけ、秋の風情を楽しむ時間が欲しかったですね。

今年の紅葉は鮮やかさが今ひとつでしたが、それでも、雪をかぶったモミジの赤は

とてもキレイでした。

雨が雪に変わり、忍び寄る肌寒さに、暖房のある部屋から動けなくなると

あぁ、今年も終わりなんだなぁ…と実感します。

北海道の一番いい季節、5月から10月までのたった半年間ではありますが、

数々のイベントや、会合などにも使っていただくようになり、時には遠方から

はるばるここを目指して訪ねて下さる方も居たりして、とてもありがたい思いで

日々の活動に従事することができました。

いつも側面から支援してくれている従姉妹が、こんなことを言っていました。

「建物が、人が訪れてくることに慣れてきたみたい」

あるじなきあとの数年間、ひっそりと立ちすくんでいたかのように見える建物ですが

確かに、年ごとに人の往来が増え、その都度生き生きと元気になってきたような気が

するのは間違いないところです。

その建物の活動も、一段落。

次の春にまた元気に活動するため、冬の厳しさにじっと耐える準備が始まります。

なぜだかいつも、ちょっぴりの感傷と、来年度に向けての静かな闘志のような

ものを感じながら、9回目の冬支度です。

あぁ、この繰り返しを、あと何年続けられるのかなぁ…などと思いながら

今年も一年(半年だけど)、関わって下さった全ての人に、感謝の気持ちで一杯です。

ありがとうございました。


特集記事
最新記事