April 16, 2019

August 20, 2018

Please reload

最新記事

「天然ロックダウン」に思うこと

July 10, 2020

1/10
Please reload

特集記事

決算報告いたします

June 2, 2019

前年度(平成30年5月1日~平成31年4月30日)の決算をまとめました。

おかげさまで、繰越金を大幅に取り崩すことなく、当初予定の支出を、収入で賄うことができました。(色分けは支出に対する財源の大まかな割り振り)

 

運営のライフラインである水道光熱費は、当初の願い通り、サポーターの皆様の会費や寄付金で概ね賄うことができました。誠にありがとうございます。
 

ただ、今年度予算の会費収入目標は、前年度を大幅に上回った30件を目標に掲げました。

前年度同様、多少の増減はその都度軌道修正しながら、細々と地道に運営を続けていけばいいのかもしれません。

ただ、それでは当館を広く知ってもらい、利用してもらうための新たな方策を、なかなか打ち出すことができません。

・できることなら、開館日を増やしたり、開館時期をせめて4月から11月、できれば12月まで引き伸ばしたい。そのための暖房対策。

・開館日を増やし、利活用者が利用しやすい環境づくり(Wi-Fi整備、厨房の充実など)

 

・利活用者向けのプレゼンテーション資料やパンフレット印刷費。

・そして長期開館に比例して伴う水道光熱費等の増加など。

少し考えてみても、何かをやろうとすれば必ず今以上の出費が予想されます。

 

 

今年度から、建物躯体に係る修繕費は運営会計から切り離すこととなったので、修繕預かり金はゼロになります。

できることなら、会費収入と事業収入だけで、年間最低15万円を確保し運営維持をしていきたい‥というのが正直なところです。

繰越金を当てにしていたら、あっという間に資金が底をついてしまいます。

収益の上がる事業のことばかり考えていたら、本末転倒になってしまいそうです。

やりたい事業があるのだったら、助成金や補助金の申請を考えればいい、と思うかもしれませんが、事業をやるためのお金を申請しているのか、お金をもらうために事業を作り出しているのか、訳が分からなくなって過去2回の申請で、懲りてしまいました^^; なので、資金調達に悩むことがあっても、助成金や補助金を財源とする考えは、現時点では一番遠い選択肢です。 

  年間15万円の予算の確保‥たかだかそれだけの資金さえ、安定的に調達することのなんと難しいことか‥!

“人生に必要なものは、勇気と想像力と、少しのお金”とチャップリンは言っていますが^^;、少しのお金(「少し」の基準は人それぞれでも)が絶対!どうしても!必要なのは間違いないところでありまして、それを調達するために「勇気」と「想像力」をフル活用して、今年度も邁進していきたいと思います。

そんな内情の旧佐藤医院です。応援してあげるよ~ 寄付するよ~ 考えあるからコミっとするよ~ という方がいましたら、ぜひご連絡ください。サポーター募集、通年、随時、行っております。よろしければご支援ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square